深く青い海The Deep Blue Sea
上映時間:約180分/初演劇場:ナショナル・シアター/作:テレンス・ラティガン/演出:キャリー・クラックネル(『人形の家』、『メディア』)/出演:ヘレン・マックロリー(「ハリー・ポッターと死の秘宝」)、トム・バーク(「マスケティアーズ/三銃士」)
第二次世界大戦後のロンドン。何不自由なく夫と暮らしていたへスターだったが、若い元空軍パイロットのフレディに心を奪われ、駆け落ちしてしまう。しかし、フレディの愛に物足りなさを感じた彼女は――。20世紀イギリスを代表する劇作家テレンス・ラティガンの1952年初演作。過去に二度映画化され、ヴィヴィアン・リーとレイチェル・ワイズといった実力派女優がヒロイン・へスター役を演じてきた。今回同役に挑むのは、ナショナル・シアターによる舞台『メディア』(14年)での熱演が記憶に新しいヘレン・マックロリー。