三文オペラThe Threepenny Opera
上映時間:約200分/初演劇場:ナショナル・シアター/作:ベルトルト・ブレヒト/脚色:サイモン・スティーヴンス(『夜中に犬に起こった奇妙な事件』)/演出:ルーファス・ノリス(『ロンドン・ロード』、『エヴリマン』)/出演:ロリー・キニア(『ハムレット』『オセロ』)、ロザリー・クレイグ(『お気に召すまま』)、ヘイドン・グウィン(『ビリー・エリオット』『ザ・オーディエンス』)
戴冠式を目前に控え、街中が沸き上がるロンドン。そんな中、乞食の総元締めピーチャム夫妻は一人娘のポリーが貧民街の顔、メッキー・メッサー(=マック・ザ・ナイフ)に見初められたことを知り、警察を利用しメッキーを葬ろうと画策するが――。資本主義社会の矛盾を痛烈に皮肉ったベルトルト・ブレヒトの代表作を、ナショナル・シアター芸術監督ルーファス・ノリスが演出。主演のロリー・キニアは、『当世風の男』(07年)と『オセロ』(13年)でそれぞれローレンス・オリヴィエ賞の最優秀助演俳優賞と最優秀主演男優賞を受賞した実力派だ。