【緊急告知】NTLive 2作品 トークイベント実施決定

レイフ・ファインズ主演 『ストレイト・ライン・クレイジー』

アフタートーク付先行上映

10/15 TOHOシネマズ 日本橋にて

 

ジョディ・カマー主演 『プライマ・フェイシィ』

アフタートーク付上映

10/8 吉祥寺オデヲンにて

10/21(金)よりTOHOシネマズ 日本橋ほかで公開するレイフ・ファインズ主演『ストレイト・ライン・クレイジー』のアフタートーク付き先行上映と、本年度イギリスでイベントシネマの歴代一位の興収を記録し大ヒット中で現在興行収入8億円に迫る勢いの『プライマ・フェイシィ』の吉祥寺オデヲンでの公開を記念したトークイベント付上映が決定しました。

Main_NTL 2022 Straight Line Crazy 070  (Credit - Manuel Harlan).jpeg

『ストレイト・ライン・クレイジー』はNTLiveの中でも高い評価を得ている『リーマン・トリロジー』を彷彿とさせるNYの歴史的人物の実話がベースで、名優レイフ・ファインズの白熱した演技が光る怒涛の会話劇です。NYに住む人なら誰もが知っていると言われる“NYのマスタービルダー(創造主)と呼ばれた男”ロバート・モーゼスにレイフ・ファインズが扮し、彼が実現してきた政策が果たして悪だったのか善だったのかを問う、緊迫感あふれるドラマです。先行上映では公開日10/21(金)より一足先に鑑賞いただける上に、劇作家 坂手洋二氏と演劇に造詣の深い河合祥一郎氏のお二人から作品について深掘りする解説トークも伺える絶好の機会となります。

『プライマ・フェイシィ』は今年のNTLiveの日本公開作の中でも、オリジナル公開後に多くの反響をいただいており、本国英国でも論争を呼ぶ内容が口コミを呼び歴史的な大ヒットとなっている作品です。10/7(金)から吉祥寺オデヲンでの公開を記念して、満を持してのトークイベントが決定しました。男性でありながら女性の心理について日々探究し続ける清田隆之氏と、本作の字幕を手掛けた柏木しょうこさんを招いて、思うままに本作を語っていただきたいと思います。

 

どちらの作品も、観た後には心に衝撃が残り、誰かと話したくなる作品です。ぜひトークイベント付き上映にお越しください。

low_NTL 2022 Prima Facie - Production Photography (Credit Helen Murray) 43のコピー.jpeg
【トークイベント詳細】

『プライマ・フェイシィ』

日時:10/8(土)15時からの上映の回の後にアフタートーク実施

   トーク終了予定時刻:17:45頃

場所:吉祥寺オデヲン

登壇者:桃山商事 代表 清田隆之氏/字幕翻訳家 柏木しょうこ氏

※お座席の購入は下記ボタンから劇場HPにて10/7(金)0時〜発売

清田隆之(きよた たかゆき)

1980年東京都生まれ。文筆業、恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表。早稲田大学第一文学部卒業。これまで1200人以上の恋バナを聞き集め、「恋愛とジェンダー」をテーマにコラムやラジオなどで発信している。『QJWeb』『日経doors』『臨床心理学』『すばる』『現代思想』など幅広いメディアに寄稿。朝日新聞beの人生相談「悩みのるつぼ」では回答者を務める。桃山商事としての著書に『二軍男子が恋バナはじめました。』(原書房)『生き抜くための恋愛相談』『モテとか愛され以外の恋愛のすべて』『どうして男は恋人より男友達を優先しがちなのか』(ともにイースト・プレス)、トミヤマユキコ氏との共著に『大学1年生の歩き方』(左右社)、単著に『よかれと思ってやったのに──男たちの「失敗学」入門』(晶文社)『さよなら、俺たち』(スタンド・ブックス)『自慢話でも武勇伝でもない「一般男性」の話から見えた生きづらさと男らしさのこと』(扶桑社)。新刊『どうして男はそうなんだろうか会議――いろいろ語り合って見えてきた「これからの男」のこと』(澁谷知美さんとの共編著/筑摩書房)が2022年8月に発売

柏木しょうこ(かしわぎしょうこ)

映像・英米文学翻訳家。映像翻訳作品に海外ドラマ『ブレイキング・バッド』(字幕)、『ホロウ・クラウン〜嘆きの王冠』(字幕)、ジョエル・コーエン監督作『マクベス』(吹き替え)、映画『ライトハウス』(吹き替え)、訳書に 映画ノベライズ『恋とニュースのつくり方』(早川書房)、『ロング ウェイ ラウンド ―ユアン・マクレガー大陸横断バイクの旅 108日間、32000キロの冒険ドキュメンタリー 完全オリジナル版』(世界文化社)など。海外ドキュメンタリー映像作品の企画も手がける。

NTLiveの日本公開作品の字幕はほとんど手がけており、特にご自身が演劇創作にも関わってきていることからシェイクスピア含め戯曲への造形が深い。

『ストレイト・ライン・クレイジー』

日時:10/15(土)9時からの上映の回の後にアフタートーク実施

   トーク終了予定時刻:12:30頃

場所:TOHOシネマズ 日本橋

登壇者:

劇作家・劇団 燐光群 主宰 坂手洋二氏/東京大学教授 河合祥一郎氏

※お座席の購入は下記ボタンから劇場HPにて10/13(木)0時〜発売

​坂手洋二(さかて ようじ)

劇作家・演出家。〈燐光群〉主宰。デビッド・ヘア四作品を演出。レイフ・ファインズがヘアを演じた一人芝居『悪魔をやっつけろ』日本版では、自ら出演。作品に、『屋根裏』(読売文学賞)、『だるまさんがころんだ』(鶴屋南北戯曲賞)、『ブレスレス ゴミ袋を呼吸する夜の物語』(岸田國士戯曲賞)、『エレンディラ』(脚色)、『カウラの班長会議』等。『天皇と接吻』『最後の一人までが全体である』等で、読売演劇大賞最優秀演出家賞を受賞。『くじらの墓標』『ブラインドタッチ』は、イギリスで上演されている。最新作『藤原さんのドライブ』が11月4日座高円寺で開幕、後に全国ツアー。

河合祥一郎(かわい しょういちろう)

東京大学教授。ケンブリッジ大学と東京大学より博士号取得。 著書に『ハムレットは太っていた!』(白水社、サントリー学芸賞受賞)、『あらすじで読むシェ イクスピア』(祥伝社)、『謎解き『ハムレット』』(ちくま学芸文庫)、『シェイクスピアの正 体』(新潮文庫)ほか。シェイクスピア新訳を角川文庫より刊行中。読売演劇大賞投票委員、放送 文化基金放送文化基金賞テレビドラマ審査委員長、彩の国シェイクスピア・シリーズ企画委員会委 員長。

『ブック・オブ・ダスト〜美しき野生〜』

5/14(土)公開記念イベントご報告

英国文学ベストセラーシリーズの最新作の舞台化作品『ブック・オブ・ダスト〜美しき野生〜』の公開記念トークイベントが、5/14(土)にTOHOシネマズ 日本橋で開催されました。

トークイベントには、日本の演劇界で舞台美術家として活躍し、ご自身もNTLiveを発信する英国で演劇を学んだご経験がある松生紘子さんと英国演劇と英国文学に造詣の深い東京大学教授の河合祥一郎先生が登壇くださり、作品について詳しく語ってくださいました。作品を観る前でも観た後でも、そう言うことか!と、一層作品を楽しめる情報などもあり、以下よりご覧いただけますので、ぜひご視聴ください。

【登壇者プロフィール(敬称略)】

 

松生紘子(まつお・ひろこ) 

舞台美術家。

大阪芸術大学卒業後、劇団四季に8年間在籍し日生名作劇場「桃次郎の冒険」「王子とこじき」「冒険者たち」等の装置デザインを手掛ける。舞台美術家・土屋茂昭氏に師事。2009年渡英。Royal Central School of Speech and Dramaにて空間デザインの修士課程を納め、2014年までロンドンを拠点にヨーロッパ各地で活動。現在は日本でオペラ、ミュージカル、ストレートプレイ、2.5次元作品を数多くデザインしている。

大阪芸術大学舞台芸術学科、日本大学芸術学部演劇学科にて非常勤講師。『Dance with Devils』にて「第44回伊藤熹朔賞」奨励賞受賞、『舞台少女ヨルハVer1.1a』で「第1回伊藤熹朔記念賞」本賞を受賞。

 

河合祥一郎(かわい・しょういちろう)

東京大学教授。ケンブリッジ大学と東京大学より博士号取得。

著書に『ハムレットは太っていた!』(白水社、サントリー学芸賞受賞)、『あらすじで読むシェイクスピア』(祥伝社)、『謎解き『ハムレット』』(ちくま学芸文庫)、『シェイクスピアの正体』(新潮文庫)ほか。シェイクスピア新訳を角川文庫より刊行中。読売演劇大賞投票委員、放送文化基金放送文化基金賞テレビドラマ審査委員長、彩の国シェイクスピア・シリーズ企画委員会委員長。

ナショナル・シアター・ライブ(NTLive)が日本に上陸以来、NTLiveの日本公開の作品について一般の観客向けに「語る会」を実施し、英国演劇の解釈や知識などをわかりやすく普及している。

4/23(土)先行上映イベントご報告

5/13(金)からの公開に先駆け、ゲストにフィリップ・プルマンの大ファンだという作家の村山由佳氏を招き、NTLiveや演劇に詳しい東京大学教授の河合祥一郎氏が進行役として本作の魅力に迫るトークイベントを実施しました。

その模様をまとめた動画を公開しましたので、ぜひ5/13からの公開前にcheckしてください!!

ご登壇ゲストプロフィール

村山由佳さん著者写真切り抜き.jpg

村山由佳(むらやま・ゆか) 

 

作家

1964(昭和39)年、東京都生れ。立教大学卒。1993(平成5)年『天使の卵―エンジェルス・エッグ』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。2003年『星々の舟』で直木賞受賞。2009年『ダブル・ファンタジー』で中央公論文芸賞、島清恋愛文学賞、柴田錬三郎賞を、2021(令和3)年『風よ あらしよ』で吉川英治文学賞を受賞した。他の小説に『おいしいコーヒーのいれ方』『放蕩記』『天翔る』『ワンダフル・ワールド』『嘘 Love Lies』『ミルク・アンド・ハニー』『燃える波』『雪のなまえ』など。エッセイに『猫がいなけりゃ息もできない』『命とられるわけじゃない』などがある。

河合祥一郎先生顔写真.jpg

河合祥一郎(かわい・しょういちろう)

 

東京大学教授。ケンブリッジ大学と東京大学より博士号取得。

著書に『ハムレットは太っていた!』(白水社、サントリー学芸賞受賞)、『あらすじで読むシェイクスピア』(祥伝社)、『謎解き『ハムレット』』(ちくま学芸文庫)、『シェイクスピアの正体』(新潮文庫)ほか。シェイクスピア新訳を角川文庫より刊行中。読売演劇大賞投票委員、放送文化基金放送文化基金賞テレビドラマ審査委員長、彩の国シェイクスピア・シリーズ企画委員会委員長。

ナショナル・シアター・ライブ(NTLive)が日本に上陸以来、NTLiveの日本公開の作品について一般の観客向けに「語る会」を実施し、英国演劇の解釈や知識などをわかりやすく普及している。

作品情報はこちら