トム・ストッパード
『レオポルトシュタット』

LeopoldstadtArtworkLow.jpg

映画『恋におちたシェイクスピア』でアカデミー賞脚本賞を受賞するなど、英国を代表する劇作家トム・ストッパードが、自身の家族の歴史から着想を得て執筆した脚本が待望の舞台に。あるオーストリア系ユダヤ人家族を、第二次世界大戦までの50年間に渡り描く壮大な家族ドラマ。

作:トム・ストッパード(NTLive『ハード・プロブレム』)

演出:パトリック・マーバー(NTLive『ヘッダ・ガーブレル』)

装置:リチャード・ハドソン

衣装:ブリジット・ライフェンシュテュール

照明:ニール・オースティン(トニー賞・オリヴィエ賞受賞照明デザイナー)

音楽:アダム・コーク

出演:エイダン・マクアードル、フェイ・キャステロー、セバスチャン・アルメスト、アーティー・フルーシャンほか

ストーリー:

20世紀初頭、レオポルドシュタットはウィーンの古いユダヤ人街として賑わっていた。製造業を営むヘルマン・メルツは、カトリック教徒のグレーテルと結婚し、洗礼を受けたユダヤ人として出世した。トム・ストッパードの壮大なドラマの中心となるのは、メルツ家のアパートに集まったヘルマンの親戚たちだ。彼らの人生は、国を取り巻く戦争、革命、貧困、ナチスドイツへの併合、そしてオーストリアのユダヤ人にとっては6万5千人が殺害されたホロコーストなどの混乱に翻弄される。

2023年 1月6日公開予定劇場

東京)TOHOシネマズ 日本橋、シネ・リーブル池袋  

神奈川)TOHOシネマズ ららぽーと横浜

名古屋)TOHOシネマズ 赤池 

大阪)大阪ステーションシティシネマ

兵庫)シネ・リーブル神戸

京都)アップリンク京都

福岡)中洲大洋劇場