リチャード二世

The Tragedy of King Richard the Second ア

原題:The Tragedy of King Richard the Second

上演劇場:アルメイダ劇場(ロンドン)

収録日:2019/1/15 尺:1時間48分(休憩なし)

作:ウィリアム・シェイクスピア

演出:ジョー・ヒル-ギビンズ

出演:サイモン・ラッセル・ビール、レオ・ビル ほか

作品概要:王権の簒奪をテーマにしたシェイクスピア劇。英国王リチャード二世の栄光と王座からの転落、そしてボリングブルック(ヘンリー4世)の台頭を描く。タイトルロールを担うのは、NTLive Japanには2014シーズンの『リア王』以来の登場となる名優サイモン・ラッセル・ビール。無理やり退位させられ、その後幽閉されたリチャードの長い独白などの見せ場をどう演じるか? 気鋭ジョー・ヒル-ギビンズの演出共々、お楽しみに。

2019/9/6(金)~9/12(木)公開劇場

(C) 2014-2018 Culture-ville, LLC

  • Facebook Clean
  • Twitter Clean