フォリーズ

トニー賞最優秀楽曲賞に輝いたスティーヴン・ソンドハイム作詞作曲の人気ミュージカルがスクリーンに甦る!

原題:Follies / 尺: 2時間36分(休憩なし)

上演劇場:ナショナル・シアター オリヴィエ劇場

脚本:ジェームズ・ゴールドマン

音楽:スティーヴン・ソンドハイム

演出: ドミニク・クック

出演:イメルダ・スタウントン、トレイシー・ベネット、ジェイニー・ディー

1971年にブロードウェイで初演され、トニー賞最優秀楽曲賞に輝いたスティーヴン・ソンドハイム作詞作曲のミュージカル。取り壊しになるレヴュー劇場に集った往年のスターたちの姿を、現実と回想を交錯させながら描く。ドミニク・クック演出のもと、イメルダ・スタウントンやジャニー・ディー、トレイシー・ベネット、フィリップ・クワストら豪華ベテラン勢が集結。

スティーヴン・ソンドハイム トリビュート by ナショナル・シアター

スティーヴン・ソンドハイム  1930 - 2021

ソンドハイム写真.jpg

Portrait of Stephen Sondheim by Rex Features

NTL 2017 - Follies - Josephine Barstow, Gemma Page, Janie Dee, Geraldine Fitzgerald & Trac

NTL 2017 - Follies - Josephine Barstow, Gemma Page, Janie Dee, Geraldine Fitzgerald & Tracie Bennett (c) Johan Persson

NTL 2017 - Follies -Zizi Strallen, Alex Young, Fred Haig and Adam Rhys-Charles.jpg

NTL 2017 - Follies -Zizi Strallen, Alex Young, Fred Haig and Adam Rhys-Charles  (c) Johan Persson

伝説の作曲家・作詞家であり、ナショナル・シアターとの関係が数十年に及んだスティーヴン・ソンドハイム氏の訃報に接し、深い悲しみに包まれています。 

 

NTが最初に上演したソンドハイムのショーは、1990年の『サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ』で、その後の各年代に彼の作品が上演されており、ドミニク・クックが受賞した『フォリーズ』のリバイバルは、2017年に開幕し、2019年に再演された最新作となっています。

 

NTのディレクターであるルーファス・ノリスは次のように述べています。 

 

「スティーブン・ソンドハイムが亡くなったというニュースは、深い衝撃であり、私たちの演劇界にとって大きな損失となります。ソンドハイムは、私たちの文化の中で不滅の巨人のように感じられました。彼の鋭い知性と鋭い観察力は、数十年にわたり、驚くべき技術、大胆さ、想像力をもって音楽劇の形式を進化させてきたことによっても損なわれることはありませんでした。 

 

ナショナル・シアターでは、彼の比類なき作品が数多く上演されました。『フォリーズ』、『スウィーニー・トッド』、『サンデー・イン・ザ・パーク』、『ローマで起こった奇妙な出来事』、『キャンディード』、『リトル・ナイト・ミュージック』など、いずれも彼の優れた目と耳で作られ、愛されてきた作品です。NTは多くの意味で彼のロンドンでの本拠地でしたが、そのような彼の卓越した能力により、彼はあらゆる場所に本拠地を持っていました。もちろん、彼の不滅性は、彼が残した素晴らしい作品と、彼が与えた計り知れない影響力にあります。ミュージカルという形態において、ナショナル・シアターはこれほど偉大なアーティストを知らないし、ソンドハイムの時代に育つことができたのは、演劇人としても観客としても光栄なことです」。

 

NTで『フォリーズ』のディレクターを務めるドミニク・クック氏は次のように述べています。

 

「NTでの『フォリーズ』の初プレビューの後、スティーブン・ソンドハイムは、登場人物を本当に理解したのは今回が初めてだと私に言いました。しかし、実際のところ、このショーの演出は予想外に簡単でした。形式と内容の関係があまりにもシームレスで、私たちの仕事は、スティーブが行ったことに注意を払い、それを舞台上に届けるだけでした。すべての音、すべての間、すべての音楽的な変化が、シーンの中でキャラクターが感情的、心理的にどこにいるかを正確に教えてくれました。ソンドハイムは、シェイクスピアやモーツァルトに匹敵するドラマチックなストーリーテラーであることを、私はこのショーで実感しました。彼はまた、生きているということがどういうことなのかを徹底的に追求する人でもありました。落ち着きがなく、果てしなく探究心が強く、決して満足することがありません。彼のユニークな精神は、私たちの劇場文化に大きな空白を残していますが、彼が私たちに与えてくれた遺産は何と素晴らしいものでしょうか。」

NTLive『フォリーズ』映像監督ティム・ファン・ソメレン氏インタビュー

Cast

NTL 2017 - Follies - Imelda Staunton as Sally Durant Plummer in FOLLIES at the National Th

イメルダ・スタウントン(サリー役)

 

​王立演劇学校で学ぶ。イギリスでは超有名女優で、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの『オズの魔法使い』のドロシー役などでこれまでにオリヴィエ賞に13回ノミネートされている。映画『ヴェラ・ドレイク』の演技でアカデミー賞主演女優賞、ゴールデングローブ賞などにもノミネートされた。大作では『ハリー・ポッター』シリーズのドローレス・アンブリッジ役を演じている。

NTL 2017 - Follies-Janie Dee as Phyllis Rogers Stone in FOLLIES at the National Theatre (c

ジェイニー・ディー(フィリス役)

 

英国の女優・歌手。アラン・エイクボーンの『コミック・ポテンシャル』のジェシー・トリプルスリー役でオリヴィエ賞主演女優賞、イブニング・スタンダード賞、批評家協会演劇賞主演女優賞を受賞。

ニコラス・ハイトナーがナショナル・シアターで上演した『回転木馬』のキャリー・ピッペリッジ役でオリヴィエ賞のミュージカル部門最優秀助演賞を受賞。

2013 年には、Curve, Leicester で上演された『ハロー・ドーリー!』のドリー役で、TMAシアターアワードUK の Best Performance in a Musical を受賞。

NTL 2017- Follies - Peter Forbes as Buddy Plummer in FOLLIES at the National Theatre (c) J

ピーター・フォーブス(バディ役)

 

​グラスゴー生まれ。エディンバラ大学とブリストル・オールド・ヴィック・シアター・スクールで学ぶ。ナショナル・シアター・ライブでは『アレルヤ!』にも出演している。シェイクスピア・グローブ座の『冬物語』やプリンス・エドワード劇場で『マンマ・ミーア!』など、演劇での活躍が多いほか、オーディオブックでもニール・ゲイマン作『The Sleeper and the Spindle』などに貢献している。

NTL 2017- Follies -  Philip Quast as Ben Stone in FOLLIES at the National Theatre (c) Joha

フィリップ・クワスト(ベン役)

 

​オーストラリアの俳優で歌手。ローレンス・オリヴィエ賞のミュージカル部門で最優秀男優賞を 3 回受賞し、この部門で 3 回受賞した最初の俳優となった。

フィリップの最も有名な役はミュージカル『レ・ミゼラブル』のジャベール警部役だろう。ソンドハイムの『サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ』ジョルジュ・スーラ役や、ロジャース&ハマースタインの『南太平洋』のエミール・ドゥ・ベック役も演じている。